まじめえひめ

会員登録の流れ・サービス利用規約

活動をはじめてみる!

COMMUNITY

コミュニティを探す

同じ課題意識や関心を持つ会員が集まって
コミュニティを立ち上げています!

コミュニティとは、同じ課題意識や関心を持つ会員が集まる場です。エールラボえひめには、
事業者、団体、個人、自治体、もちろんプロジェクトによっても、様々なコミュニティがあります。
コミュニティの立ち上げ・参加は、会員の判断で自由に行うことができます。
まずは、同じ課題意識や関心を持った仲間を探してみましょう。

絞り込み結果28

←

2

/

5

→

『国際子ども食堂』から愛媛の多文化共生を!

松山のさかのうえ日本語学校では、毎週水曜日と第2・第4土曜日の夕食時に「国際子ども食堂」を開催しています。 ここは、愛媛に住む留学生たちが作った色々な国の料理が食べられる子ども食堂です。 スタッフも参加者も国籍問わず、「おなかいっぱいの温かいごはん」と「安心できる場所」を提供しています。 子ども食堂なので、子どもの貧困問題と向き合うことはもちろんです。でも、ここはそれ以上に心を豊かにする場所です。 私達が住む世界には、色々な人がいます。自分と違う文化で育った人や考え方の違う人でも尊重できるようになること。それは、これからの時代を生きる子どもたちにとても大切な素養です。 でも、「外国の人と話したことが無い」「お友達になりたいけど、機会がない」「ちょっと怖いイメージ」という人たちもいるかもしれません。 だから、皆で楽しい場所をつくることがとても大切です。みんなで温かいごはんをおなかいっぱい食べ、宿題を教えてもらい、帰り道は留学生や大学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちと手をつないで帰宅する。そんな時間を一緒に過ごすことで、子どもたちにも留学生たちにも安心する場を作っていきます。 愛媛県がより外国人も日本人も住みやすい街になるよう、この活動をこれからも継続していきたいと思っています。

デジタルも活用して、みんな輝く「ふるさと大洲」を作りたい! (大洲市DX推進官民共創プロジェクト)

大洲市では、今年度、「大洲市デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」を策定し、市民生活の質の向上や地域経済の活性化、行政の効率化など、様々な分野におけるDXの推進を図ることとしています。 デジタル技術”も”活用して、誰ひとり取り残さないDXを進めていきます!

公益財団法人えひめ地域政策研究センター(略称:ECPR)

【コミュニティ参加条件について】 本コミュニティは、公益財団法人えひめ地域政策研究センター(略称:ECPR)への現役出向者・出向者OB、OG及び関係自治体職員のみが所属することの出来るコミュニティとなっております。すべての方が参加できるコミュニティではありませんので、恐れ入りますが予めご了承ください。 【ECPRの目的】 地域政策やまちづくりに関して総合的に調査研究を行い、その成果を広く公開するとともに、意識啓発・人材養成、活動支援及び交流促進等を行うことにより、活力ある地域づくりに寄与することを目指しています。 【沿革】 ○平成12年4月1日、財団法人えひめ地域政策研究センターとして設立。 ・(財)愛媛県社会経済研究財団(昭和51年8月設立)と、 ・(財)愛媛県まちづくり総合センター(昭和61年7月設立)を発展的に解散し統合。 ○平成24年4月1日から「公益財団法人」に移行。

【終了しました】第3回エールラボえひめコミュマネイベント「オンライン交流会~つながろう!子ども食堂の輪」申し込みコミュニティ

こんにちは🍊第3回目のエールラボえひめオンラインイベントのお知らせです! 前回、8月4日(水)に開催したオンラインイベントでは、エールラボえひめで立ち上がっているコミュニティ・プロジェクトのオーナーさんにお話を伺いました。立ち上げにあたっての想いや目標をお話しいただき、多くの参加者から「刺激的だった!」「参考になった!」と大変好評でした☺ 今回は、「子ども食堂」の企画・運営に取り組まれている方を中心に、エールラボえひめにも登録されている皆さんをお繋ぎして、課題の共有と解決策を模索するイベントを企画しました!🍽「子ども食堂」に興味がある方のご参加はもちろん、「子ども食堂って何?」という方のご参加も大歓迎です! 『エールラボえひめオンラインイベント~つながろう!子ども食堂の輪~』 日時▶9月8日(水)19:30~21:00 実施方法▶オンライン(Zoomを使用、ご参加用URLは後日「コミュニティ掲示板」でお知らせします♪) 内容▶①「子ども食堂」を企画・運営している皆さん×エールラボえひめディレクターのトークセッション     (登壇者)     ・U・グランマ・ジャパン 松島陽子さん 宇和島市     ・松山さかのうえ日本語学校/国際子ども食堂 山瀬麻里絵さん 松山市     ・コエヒメ合同会社 篠原学さん 新居浜市/ベトナム ダナン市 ②登壇者×参加者による意見交換 など

明浜のみかんを後世に残していきたい

こんにちは!僕たちは西予市明浜町でみかんを作っている若手農家4人組です。 後継者不足などの理由から、「明浜みかん」のブランドが衰退してしまうことを防ぎたいと思っています。 僕たちの大好きな『明浜みかん』の美味しさを、日本中のもっとたくさんの方に知ってもらいたいと思っています。 「明浜みかん」のブランディング、販路の拡大、また生産のお手伝いなどにご協力いただける方から、アイデアやアドバイスを募集します!!

つなげよう支援の輪(子ども食堂の輪)

このコミュニティでは、子ども食堂を通じて、地域のコミュニティを育てていく仲間を募集しています。 地域のコミュニティを作っていくことはとても楽しいことなので、皆さんのご参加お待ちしています。

←

2

/

5

→