まじめえひめ

会員登録の流れ・サービス利用規約

活動をはじめてみる!

NEWS

エールラボえひめからのお知らせ

2021.8.2メルマガ

【エールラボえひめ通信 vol.1】第1回審査部会が開催されました!

いつもエールラボえひめをご利用いただきありがとうございます。
コミュニティマネジャーの武市です!
このメールマガジンは、エールラボえひめで起こる日々の活動を、コミュマネの目線から会員の皆様にご紹介するために配信しています。

第1回審査部会が開催されました!

7月9日(金)に、第1回エールラボえひめ認定プロジェクト審査部会が開催されました。
申請を行ったプロジェクトのオーナーが、プロジェクトの申請内容に沿ってプレゼンを実施。
プレゼン後には、8名の審査委員から質問が飛び交い、ときには審査委員から有益な情報提供も行われるなど、発表者にとっても有意義な時間となりました。

認定プロジェクトって?

認定プロジェクトとは、「エールラボえひめ」で創出されたプロジェクトのうち、プロジェクトオーナーから認定申請のあったプロジェクトについて、申請内容を外部有識者等により審査し、その結果を踏まえ、愛媛県が支援するプロジェクトとして認定されたものです。

認定を受けると、例えば、
「愛媛県の〇〇を担当している部署とコラボしたいので、繋いでほしい!」
「愛媛県のWebサイトにプロジェクトのリンクを載せてほしい!
「愛媛県の広報媒体でPRをしてほしい!」
などの要望に対し、最大限の対応をしてもらえるんです。

どんなプロジェクトが認定されるの?

審査会では、「公共性」「波及効果」「プロジェクトの精度」「実施体制」「応募者の熱意」「社会の共感」の6つの項目と、デジタルとの親和性、新規性などの加算点によって判定されます。
つまり、「やる気満々で、地域のみんなを想い、しっかりと目的を持った活動を、愛媛県が応援しますよ!」という仕組みがエールラえひめの中にあるんだよ〜!ということです。

2つのプロジェクトが認定されました!

今回の審査部会では、「心のバリアフリーステッカーPJ『優しさの見えるまちづくり』」と、「第2回八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペ」の2つのプロジェクトが愛媛県の認定プロジェクトとなりました。

◆「心のバリアフリーステッカーPJ『優しさの見えるまちづくり』」とは?
虹色のオリジナルステッカーを、街中のお店の店先に貼ることで、「手伝いが必要なら気軽にどうぞ」という意思表示をして、車椅子ユーザーやベビーカーを押す子育て世代等、誰もが気兼ねなく入れる「優しさの見える化」を図るプロジェクトです。
ステッカーを目にする=優しさに触れることで、障がい者に限らず、街中に明るい気持ちが溢れたらいいな、との想いで活動されています。
プロジェクト詳細はこちら→https://member.yell-lab.ehime.jp/project/stickerPJ

◆「第2回八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペ」とは?
子どもたちに八幡浜の地域資源を活用した社会を良くするビジネスのアイデアをプランしていき、案をブラッシュアップし、人にプレゼンテーションすることを通じて、次代を担う「子どもたちの育成」を目的として開催するプロジェクトです。
特に優秀な案には創業支援や実際の企業・団体等とのマッチングなど、事業化を推進していきます。
プロジェクト詳細はこちら→ https://member.yell-lab.ehime.jp/project/ywt-sbc2

エールラボえひめサイト内のプロジェクト一覧画面でも、「県支援」のラベルがついていますね♪
どちらも、愛媛県にある課題を自ら解決しようと、地域住民が立ち上げたプロジェクト。
今後の活動にも要注目です!

「プロジェクトを立ち上げたい!」「コミュニティに参加したい!」など、活動で困ったことがあればコミュニティマネジャーに何でもご相談ください!
お問い合わせフォームからご連絡いただければ、コミュニティマネジャーが必ずお返事します♪