まじめえひめ

会員登録の流れ・サービス利用規約

活動をはじめてみる!

PROJECTS

プロジェクトを探す

課題解決に向けて
プロジェクトを立ち上げています!

課題解決に向けて実際にアクションを起こす活動がプロジェクトです。
解決したい課題に関してプロジェクトを立ち上げて仲間を募集してみましょう。
県認定プロジェクト(審査あり)については、県のサポートを受けられます。
また、関心のあるプロジェクトがあれば、参加してみましょう。

絞り込み結果52

1

/

3

→

宇和島の中心で愛を叫ぶ

若者に宇和島を好きになってもらう前に大人が好きになる。宇和島愛を子供に語れる大人を増やす。そのために、宇和島の中心にあるお城山(宇和島城)にて、宇和島愛を叫ぶイベントの開催。宇和島は、2004年に話題になった「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台になった街で、著者である片山恭一さんの出身地でもあります。そんなゆかりのある街で、本イベントを実施したい。

まつりつくる部

まつりつくる部
この名前の「まつり」とは地域は自分たちで盛り上げるアクティブな活動=まつりつくるとして
表しています。

まずは仲間あつめからはじめ、
西条市のあなたが住む地域の文化、伝統工芸、まちのなりたちに興味関心があり、発信したいと思っている
若者を募集します!
部活動(気軽な)のような活動を定期的に実施します。

各回テーマを決めて話をします。
集まって、ときには明かりを消して西条でつくっているちょうちんのあかりを灯します。
みなさんが持っている特技や情報、できることを共有することで大きく広がる楽しさも
共有できる場です!

清走中は、ゴミ拾いにゲーミフィケーションを融合したゲーム感覚ゴミ拾いイベントです。

チームで協力して拾ったゴミの種類や重量、スマートフォンで通達されるミッションの達成度などがポイント換算され、上位チームには地域の飲食店の商品券や特産品など豪華景品が贈呈されます。拾ったゴミが「Gommy」というポイントに変わり、街全体がゲームエリアとなるような世界観を演出することで「楽しさ」を入口にゴミ問題について考える機会を提供できる近未来の環境教育コンテンツです。

2022年度は東京・大阪を始めとした全国8地域で開催し、計1000枚のチケットがリリース直後に完売するなど大盛況となっています。イベントを開催すると、町や海がきれいになるだけでなく、参加者への環境教育や地域経済の活性化、開催地域外からファンが訪れることで観光促進にも繋がることから、全国の企業自治体から導入依頼が殺到しています。特に、参加者の6割以上がZ世代と呼ばれる若年層であり、彼らへのマーケティング目的の導入やチームでプレイすることによる社内レクとしての導入も進んでいます。

オレンジまるごとプロジェクト

オレンジまるごとプロジェクトではみかんハンドクリームを商品化しようと活動しています。名前の通り、オレンジ(みかん、柑橘)を通して年齢・性別・障害の有無に関わらず様々な方が関わることの出来る、社会をまるごと巻き込んだプロジェクトを目指し活動しています。ハンドクリームの原料となるのは美味しいみかん・柑橘を栽培する過程で摘果され捨てられてしまう摘果みかんを活用したいと思っています。
生産の面では、障がい者施設さんなどにご協力頂き、就労支援サービスを利用されている障がい者の方の雇用や就労支援のお手伝いを微力ながらもさせて頂きたいと考えています。
SDGsの観点にも注目しながら八幡浜にある資源を活用し、このプロジェクトに関わって頂く方がやりがいを持って参加して頂けるような環境を作り持続可能な社会の実現に向けて挑戦していきたいです。そのためには、商品開発をするうえで必要な情報を提供頂いたり、資金援助やSNSなどで商法発信をして頂いたりなど皆さんそれぞれにあった形でご協力頂けるとありがたいです。
私たちと一緒に地元に寄り添った最高な商品作ってみませんか?
ご協力よろしくお願いします。

サテライトオフィス久万高原の家を体験するメンバーを募集
町内のコワーキングスペースも視察(3か所)
メンバーとの交流、サテライトオフィスを参加者みんなでつくり面白くする
参加者はSNSで久万高原町のサテライトオフィス、コワーキングスペース、ワーケーション情報を発信

地球の事を考えようと言うイベントの実行に向けてお手伝いをしてもらう人を募集

全国的に空き家が問題となっていますが、中筋地区も例外ではありません。少しでも空き家の解消に繋がればと思い、中筋地区の昔の写真を集めて空き家の一室で写真展を開催したいと思います。昔の町並みや若かったあの頃の写真をぜひ提供していただけませんか。

「みかんとさかなのまち」八幡浜!!に生まれた私。
でも魚の苦手な私が、まさかの漁師の嫁になるとは…。

家業をしてくうちに、魚の面白さを知るとともに、「未利用魚」や「若者の魚離れ」そして「漁師の高齢化」を知ることになりました。
今までは、民間企業の会社員として働いていたので全くと言っていいほど、違う世界でも左もわからないことがまだまだたくさんあります。
ただ、言えることは、実は新鮮な魚はおいしいということ。
自分で捌いたり、調理したりすることは楽しいといこと。
たくさんの面白さを味わえる日々を過ごしています。
でも、その面白さは、売り上げにはつながりません。
「未利用魚」がおいしい料理や何かに活用できるように変身すれば、売り上げが上がること間違えなし。
原油価格の高騰や、物価高で、漁船や網などの維持費は膨大に…。
その一方で、セリにかけられる魚の価格は年々、右肩下がりなのです。
そこで私は、自分の持てる限りの知識や知恵をもってこの問題を打破していきたいと考えるようになりました。
①八幡浜魚市場をもう一度活気づくような活動がしたい。
②八幡浜産の天然の魚のブランド化や魚が売れて漁師さんの所得が上がる仕組みを作りたい。
③若者の漁師への就業
④魚をおいしく食べる事業
など、いろいろなかたちで漁師さんたちが盛り上がっていければと思っています。
この問題の解決や思いを込めて、漁業を盛り上げる(特に漁師さんたち)プロジェクトを立ち上げました。

八西地域活性プロジェクト

20代から30代の意欲ある若者に向けた育成事業

2022年に開催したサウナイベント
八幡浜で初開催でしたが
200名の来場がありました!

2023年はよりスケールアップしてやりたいので
企画段階から携わってくれるメンバーを募集します!

サウナが好き、イベントが好き
あの熱波士を呼びたい
あんな外気浴スペースをつくりたいなど
こんな方を募集します。

ドキドキを可視化したい

人と人との関わり、コミュ二ケーションは日常の様々な場面にあります。

新たなコミュニケーションの一つとして、e-lamp.が感情の可視化を目的に開発した脈の変動に合わせて明滅するイヤリング型デバイスの有効性の実証実験を行います。

エコえひめ農産物は、化学合成農薬・化学肥料を県が定めた基準から5割又は3割以上削減し、生産情報を公表し適正な管理体制のもとで生産された農産物です。
すごく良い取り組みなのですが、なかなか認知が進んでおらず、これに取り組んでいる農家さんにも、消費者にも、その大切さが伝わっていない状況です。

生ゴミをゴミとして燃やすのではなく、少しでも土に返すことができればと考えています。
まずは、家庭でも気軽に取り組むことができる「ダンボールコンポスト」を普及させ、各家庭の生ゴミを減らすことができたらと思います。

しかし、「ダンボールコンポスト」をいざはじめてみると、いろんな壁にぶつかります。

・発酵が進まない
・基材の温度があがらない
・今のやり方があっているのかわからないため、モチベーションが続かない

などなど。

そんな方のために、ダンボールコンポストでつまづいたときに
オンラインで気軽に相談できる環境を実験的に作るプロジェクトです。

【ワーケーション滞在先として愛媛を選んでもらえるようなプラットフォームを作る!】
都市部で自由なライフスタイルで暮らしている若者たちが、愛媛にくるきっかけを持ってもらえる仕組みを作ります。

【どんなプラットフォームを作るのか】
主に20~30代のフリーランスな働き方の女性をターゲットに、海・山・街をテーマにしたワーケーションを提案できるプラットフォームを作ります。

*11月22日(火)14:00-15:30 SHIBUYAQWS(東京都渋谷)にて開催*

デジタル化、ペーパレスが進む現代において、サステナブルという観点で価値の高い素材である「紙」について改めてその価値の高さを感じてもらうため、四国中央市内の紙関連企業が製造するサステナブルな紙製品の新たな活用方法や販売戦略について様々な観点からディスカッションを実施するもの。

等身大アバターを使って、遠隔地から操作しリアルタイムにコミュニケーションを図るシステム(Monolis)を利用して、新しい活躍方法(働き方・パフォーマンスなど)や活用方法(販売員・ライブなど)を考案し、実証実験を行い社会実装を目指します。

「日本一の紙のまち」四国中央市で、紙の新たな利活用についてマッチングと創造にアプローチするプロジェクトにしたいと考えています。

・脱プラスチック化の動きが注目される中、「紙」の利活用が進むと考えています。
・「紙」の技術を持たれている人と「紙」を使いたいと関心がある人をつなぐことで、
 新たな「紙」の利活用の可能性について創造していきたいと考えています。

住民満足度の向上を目指し、県及び県内市町が株式会社アイシンと連携して、同社のリアルタイム音声認識アプリ「YYProbe」を活用した行政窓口等でのコミュニケーションの円滑化に向けた検討を行います。

愛媛物語制作

愛媛県を舞台やロケ地にした作品制作をしたい!

事業承継や廃業後の土地や建物、機材などどうしていいかわからないと思っている愛媛県内の中小企業に向けて、オープンネームにて後継者や買取する方を募集していくプロジェクトです。

承継形態は、各事業者ごとで臨機応変に対応可能です。
公開されたページを見て気になる方と面談等を行い、双方の合意のもと売買契約となります。
募集側は、専門のスタッフが取材から公開までのすべてを行います。
それに対する手数料は一切かかりません。
購入したい側は募集側に手数料を払うことで、契約成立となります。

私たちは、その事業承継の仲介や事業承継後の支援を、事業承継マッチングプラットフォーム「relay」(リレイ)の愛媛パートナーとして活動しています。

1

/

3

→