まじめえひめ

会員登録の流れ・サービス利用規約

活動をはじめてみる!

「国際子ども食堂」を継続したい!

松山のさかのうえ日本語学校では、毎週水曜日と第2・第4土曜日の夕食時に「国際子ども食堂」を開催しています。
ここは、愛媛に住む留学生たちが作った色々な国の料理が食べられる子ども食堂です。
スタッフも参加者も国籍問わず、「おなかいっぱいの温かいごはん」と「安心できる場所」を提供しています。

子ども食堂なので、子どもの貧困問題と向き合うことはもちろんです。でも、ここはそれ以上に心を豊かにする場所です。

私達が住む世界には、色々な人がいます。自分と違う文化で育った人や考え方の違う人でも尊重できるようになること。それは、これからの時代を生きる子どもたちにとても大切な素養です。
でも、「外国の人と話したことが無い」「お友達になりたいけど、機会がない」「ちょっと怖いイメージ」という人たちもいるかもしれません。
だから、皆で楽しい場所をつくることがとても大切です。みんなで温かいごはんをおなかいっぱい食べ、宿題を教えてもらい、帰り道は留学生や大学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちと手をつないで帰宅する。そんな時間を一緒に過ごすことで、子どもたちにも留学生たちにも安心する場を作っていきます。

愛媛県がより外国人も日本人も住みやすい街になるよう、この活動をこれからも継続していきたいと思っています。

経済的な持続可能性

私達の考えにご賛同いただける皆さんのご協力をお待ちしています。
今、一番の悩みは、持続可能な資金調達です。今は補助金や寄付で行っている活動ですが、安定的に行っていける仕組みを考えていかなければなりません。そんな方法を一緒に考えて、一緒に実行してく仲間を探しています。

国際子ども食堂で、愛媛の多文化共生を実現!

国際子ども食堂には3つの大きな目標があります。

1.留学生や技能実習生などの在留外国人の新しいコミュニティ、コロナ禍での孤立を防ぐこと
2.子どもの貧困問題解決の一助となること
3.学生の成長フィールドとなること

おかげさまでメディアを通して多くの方に知っていただける活動となってきました。
「留学生がコロナで大変な思いをしているとは知らなかった」「一人でごはんを食べている子がこんなに多くいるなんて…」など、たくさんのお声をいただいています。

また、日本人学生もコロナで多くの機会を失っています。
就活に向けての経験、自信、成長の場が無いという学生の生の声を聞き、マニュアルゼロの学生運営を開始しました。
国際子ども食堂は単なるボランティアではなく、「成長する場所」として、自ら考え行動する場所として多くの学生が参加してくださっています。

国際子ども食堂が当団体のゴールではありません。ただ、この活動を通じて広がる世界があります。
この活動を多くの方々に知っていただくだけでも、大きな一歩を踏み出せていると確信しています。
だからこそ、アフターコロナを見据え、愛媛の多文化共生の実現に皆様の力を貸してください。

プロジェクト関連項目

参考情報リンク

松山さかのうえ日本語学校

松山さかのうえ子ども食堂

活動地域
松山市

コミュニティ・プロジェクトの
立ち上げや参加には会員登録が必要です

一覧に戻る